×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

powerd by 楽市360

スポンサード リンク

powerd by 楽市360

芸人の余興のネタをやるならば

最近は結婚式での余興のネタとしてはお笑い芸人のネタを新郎新婦に合わせてやることが多いようです。例えば、去年ならば小島よしおのネタがかなり結婚式での余興のネタとしては人気があったようですね。ただ、これは一人の場合なのですが、やると受けるかどうかとても心配になりますし、かなりの度胸が無ければ出来ない結婚式の余興のネタだと思います。私は友人の結婚式で余興のネタを頼まれたことがあるのですが、その時は別の友人と二人でその時にはやっていたオリエンタルラジオの武勇伝のネタをやったらかなり結婚式会場は盛り上がったのでやってよかったですね^^まあ、お笑い芸人のネタをやるならば、新郎新婦に直接結婚式の全体の流れを聞いたうえで、その前後のプログラムにあうような余興のネタを考えるのが一番いいでしょう。実際に、計画もなしにそんな芸人のネタをやるならばよほどの才能が無い限り滑ることは目に見えているので、ちゃんと余興のネタの計画を立てるようにしましょう。

スポンサード リンク

結婚式で余興として歌うならば

結婚式の余興のネタとして定番といえば、やはりカラオケが上がってくると思います。基本的には歌を歌うならば、余興にふさわしい歌は門出を祝うような歌になります。おすすめの結婚式の余興の歌としては中年の方ならば、「マイウェイ」などが上がってくるでしょう。男性に人気の余興の歌は長渕剛さんの「乾杯」やコブクロの「永遠にともに」などがあがってきます。女性ならば、チェリッシュのチェリッシュの「てんとう虫のサンバ」Kiroroの「Best Friend」などが結婚式の余興では人気の歌ですね。ちなみに、私が結婚式の余興のネタとして歌った曲はケツメイシ「幸せをありがとう」KinKi Kids 「Anniversary」などです。基本的には歌う曲としてはみんなが知っている曲であり別れの曲で無い限りはどのような曲でも良いのではないかと思いますね。あと、結婚式でカラオケをネタとして歌う場合は事前に必ず言っておくようにしなければなりません。でなければ曲自体をかけてもらえないという悲しい出来事になってしまいますからね(^_^;)

結婚式の余興のネタで考えなければならないこと

私は比較的人生経験が長いので結婚式の余興を頼む側にも頼まれる側にもなったことがあるのですが、感想としては結婚式の余興は無難が一番なのだとわかりました。確かに、10分程度の限られた時間の中でインパクトのある余興のネタをやってやろうという気持ちもわかるのですが、もしもはずすとその後がとても恐ろしいですね(^_^;)やはり新郎新婦側としては結婚式は余興のネタも含めて順調に信仰して欲しいという気持ちが一番あるのではないでしょうかね。なので、結婚式の余興のネタとして一番なのはリスクが少なくてそこそこ面白いネタということになります。絶対に、受けを狙って過激な下ネタなどに走るということを考えないでくださいね。新郎新婦側の要望や親戚さんの雰囲気、余興する人間の能力などを考えた上でネタを考えるようにするのが無難です。ちなみに、結婚式のネタのリスクが少ない順は歌→スピーチ→クイズ→芸の順ですね。あくまでも、ネタをやる人は新郎側の人間でありヒンシュクを買わないようにしましょうね♪

Copyright © 2008 結婚式 余興 ネタ